ホーム » 一人旅 » スリランカ編 » 【スリランカ編①】インドのすぐそばにある、かつてセイロンと呼ばれたとーっても魅力的な国!!!
a

【スリランカ編①】インドのすぐそばにある、かつてセイロンと呼ばれたとーっても魅力的な国!!!

スリランカ編

スリランカという国はご存知でしょうか?

インドの右下に位置する北海道の8割くらいと割と小さな島国です。

セイロンティーアーユルヴェーダなどが有名なので、女性の方は知っている人も多いのではないでしょうか?

スリランカは私が行った国の中でもベスト3に入るくらい大好きな国です!

インドが近いだけあり、見た目はほぼインド人(個人の感想です)なのですが、皆とても良い人のため治安もいいです!

女子旅でも安全に行けるスリランカの魅力を語っていきますね!

旅立つ前に

スリランカは入国に観光ビザが必要です!空港でも申請できますが、事前申請しておいた方がスムーズに入国できるので、入国できるかドキドキしなくて済むし、事前申請をお勧めします!

ツアー会社にお願いすることもできますが、自分で申請することもできます。

とても詳しく解説されているので、こちらのサイトを参考にしてみてください!

スリランカナビ
スリランカナビ|【図解】観光ビザのオンライン申請方法(ETA)と2020年6月スリランカビザ情報 基本情報 スリランカのビザとフライト情報(2020年6月時点)|SRILANKA NAVI
【図解】観光ビザのオンライン申請方法(ETA)と2020年6月スリランカビザ情報

スリランカ・コロンボ

スリランカの玄関口はコロンボ国際空港(バンダラナイケ国際空港)です。

スリランカで一番大きな国際空港ですが、成田空港と比べるととても小さく感じます。

スリランカへの行き方

スリランカへの入国はコロンボ国際空港からするのですが、なんと日本からの直行便週に4本のみしかありません。

しかもスリランカ航空日本航空(JAL)しかなく、往復10-15万円ほどと非常に高いです。。

そのため安い航空券を探そうとすると、インド、シンガポールやタイ等を経由して行くことが多いと思います。またコロンボ国際空港着の便は夜や深夜の到着が多いです。

深夜に到着の便が一番安かったため、私はタイ経由の深夜到着便で行きました。

日本から出発の今年最も安いフライトを見つけました。
スカイスキャナーは世界中の数百もの航空会社を無料で比較できます。格安航空券を瞬時に検索できるため、時間と費用を節約できます。

コロンボ国際空港で空港泊

深夜着なので公共交通機関は当然ありません。。

ツアー旅行会社で申し込んだ方は、深夜到着でもちゃんとホテルまでのお迎えが来るので安心してください!

しかし私は安宿に泊まる予定なので、もちろんお迎えはありません。タクシーで街に出ることもできますが、そんなお金はないため着いた日は空港泊をするしかありません。

そのことは事前に調べていたため、その日は空港に泊まろうと思っていました。

ちなみに空港泊といっても、空港の待合室にある椅子で一晩を過ごします。まあ簡単にいうと野宿です。笑

救いなのは、日本人と思われるバックパッカーらしき人たちがちらほらいたため、空港泊をする人が1人ではなかったってところですかね。。

仏教の国スリランカの空港は、お経が流れています

スリランカは国民の約70%が仏教徒です。そのため仏教に関するものが街の至る所にあるのですが、ここ空港も例外ではありませんでした。

しかもこれが予想外に我々空港泊の旅人にとっての悩みの種でした。。

空港の待合には、おそらく暇を潰すためと思われるテレビがたくさん置いてありました。もちろんスリランカの番組が流れてます。

ところが深夜だからなのかずっと流れているのは

スリランカのすごい人っぽいお坊さんが、ずっとお経を唱えている映像が延々と流れているのです。

ライブか録画かはわかりませんが、そんなことはどちらでもいいです。。寝ようとしている私の耳にずーーーっとお経が入ってくるのです。

想像してみてください。

。。。

やばくないですか。。笑

初日でまだ体力も有り余っていたからよかったものの、空港泊がこんなに辛いとは知りませんでした。笑

ただ空港は比較的安全性が高いので、初野宿に挑戦する際は空港をお勧めします。笑

スポンサー広告

ちなみにスリランカではもう一泊野宿をしているのですが、そちらはゴール編でお話ししますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました